個人ブログ『gontanoe』

1)水彩画投稿(本業が水彩画家ですが、絵は投稿に値するものが描けたとき、従いまして極稀に掲載します。)
2)算数パズル作成出題(受け売りも有りますが、ズブの素人が考え付いた、小学生でもわかる面白パズル。はまる事うけあいです!)
3)英単語の日本語ダジャレ集(ぴったりの語呂合わせができたとき、従いまして極稀に掲載します。詳しくは姉妹ブログ『難解英単語ダジャレ集』
を検索されたし。)

上記三項目の内いずれかを各月一日に投稿します。どうぞお知り合いへの当ブログの宣伝紹介の程よろしくお願い申し上げます。尚、各ページの左下にある「コメントを書く」・「投稿する」をクリックして、ご感想、ご意見などご自由にコメントしてください。

10月号---計算せずに計算する法(受け売り問題)

今回は、悔しいですが、あるパズル本からの受け売りです。この問題(問題文は変えて
います)を見たとき、やられた!と思いました。あまりにも面白いので、このブログに
取り上げました。これこそが納得せざるを得ない面白パズルですね。尚、この計算せず
に計算する方法の前に、補助問題として、問1(誰でもやったことがある筈)を掲載しま
した。


問1.
『1から10まで足すといくつになるでしょうか。』
 ヒント:通常は、両端、その内側の両端---の数を足していく方法と、両端の数の合
 計を2で割って平均値を出し、それを10倍する方法、はたまた等差数列の和の公式を
 使うのも ありますね。それ以外では、階段状のグラフを描いて考えるのもあります。
問2.
『ある被災地のボランティアの数は、毎日決まって一人ずつ増えて行くといいます。
 初日131人が参集しました。では10日目までには延べ何人が従事したことになる
 でしょうか。初日は131人、二日目は132人と、足していけば良いわけですが、別
 な方法でやると計算しなくてもすぐ答が分かるのだそうです。是非考えられたし。』
 ヒント:何かに55を足すのも、平均値を出すのも、やはり計算になってしまいます。
 問1のヒ ントの階段状のグラフを描いて考えるのが有効のようです。


答と解説(感想と類題等)は11月1日公開予定の11月号に掲載します。


9月号の答と解説






9月号---ニタゴラスの定理


問いの答は、図3で分かってしまうはずですが、一応次号で解説します。


8月号の解答もどきもの
問1   1,1,9,9---(1+1÷9)×9   9,9,9,9---(9×9∔9)÷9
問2 (1+1÷9)×9 と同じ式の場合
     (1+a÷b)×b、で(a、b)が(2,8)(3,7)(4,6)(5,5)(6,4)(7,3)(8,2)(9,1)、即ち
      1,2,8,8や1,3,7,7、---1,9,1,1の8通り。a+bが10であればよい。
   (9×9∔9)÷9と同じ式の場合
     (a×9+a)÷aでaが1~8の数、即ち1,1,1,9や2,2,2,9---8,8,8,9。の
      8通り。同じ数が三つと9があればよい。
   このようにパターン化(公式化)できると一網打尽にみつけられる。例えば、
  (5になる組み合わせ)×(2になる組み合わせ)や、5n-5(n-2)になる
          二つの数---5×9-5×7 や5×8-5×6 などnが 9~3の計7種類がみつけ
          られるなどで、他にもいろいろなパターンがあるので、考えてみて下さい。






8月号その2---英単語ダジャレ、難解ではないもののようですがタイムリーな話題に使われていた単語なので急遽その2として公開しました。

ダジャレ文:あざけりバカにされたことに対しては,誰かのように「なんか文句(モック
      あっか」と厳しく言うべし!レベル6:mock(vi,vt,n,a)              
例文:Women are told they have to give birth;if they don't,they're mocked as being  
   `unproductive' ,but then again,just the possibility that they might give birth is used to
   cut their scores. What's a woman supposed to do?   
※CNNの記事からの文章で、東京医科大問題が世界中の話題になっていることがすごいと思いました。 尚、以前「文句あっか」というダジャレ文で出した単語monkを思い出し、英語には紛らわしいものがあるものだとつくづく感じた次第です。ところでこの二つ
‘モック’‘モンク’とどちらも‘モ’とダジャレましたが、前者はマ(発音記号でCの左右反転したものはオでなくアと聞こえる)で、後者もマとモの間の発音(発音記号でVの上下反転したもの)で、聞き取りでは要注意ですね。周知の事と思いますが念のため。