個人ブログ『gontanoe』

1)水彩画投稿(本業が水彩画家ですが、絵は投稿に値するものが描けたとき、従いまして極稀に掲載します。)
2)算数パズル作成出題(受け売りも有りますが、ズブの素人が考え付いた、小学生でもわかる面白パズル。はまる事うけあいです!)
3)英単語の日本語ダジャレ集(ぴったりの語呂合わせができたとき、従いまして極稀に掲載します。詳しくは姉妹ブログ『難解英単語ダジャレ集』
を検索されたし。)

上記三項目の内いずれかを各月一日に投稿します。どうぞお知り合いへの当ブログの宣伝紹介の程よろしくお願い申し上げます。尚、各ページの左下にある「コメントを書く」・「投稿する」をクリックして、ご感想、ご意見などご自由にコメントしてください。

10月号---計算せずに計算する法(受け売り問題)

今回は、悔しいですが、あるパズル本からの受け売りです。この問題(問題文は変えて
います)を見たとき、やられた!と思いました。あまりにも面白いので、このブログに
取り上げました。これこそが納得せざるを得ない面白パズルですね。尚、この計算せず
に計算する方法の前に、補助問題として、問1(誰でもやったことがある筈)を掲載しま
した。


問1.
『1から10まで足すといくつになるでしょうか。』
 ヒント:通常は、両端、その内側の両端---の数を足していく方法と、両端の数の合
 計を2で割って平均値を出し、それを10倍する方法、はたまた等差数列の和の公式を
 使うのも ありますね。それ以外では、階段状のグラフを描いて考えるのもあります。
問2.
『ある被災地のボランティアの数は、毎日決まって一人ずつ増えて行くといいます。
 初日131人が参集しました。では10日目までには延べ何人が従事したことになる
 でしょうか。初日は131人、二日目は132人と、足していけば良いわけですが、別
 な方法でやると計算しなくてもすぐ答が分かるのだそうです。是非考えられたし。』
 ヒント:何かに55を足すのも、平均値を出すのも、やはり計算になってしまいます。
 問1のヒ ントの階段状のグラフを描いて考えるのが有効のようです。


答と解説(感想と類題等)は11月1日公開予定の11月号に掲載します。


9月号の答と解説






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。