個人ブログ『gontanoe』

1)水彩画投稿(本業が水彩画家ですが、絵は投稿に値するものが描けたとき、従いまして極稀に掲載します。)
2)算数パズル作成出題(受け売りも有りますが、ズブの素人が考え付いた、小学生でもわかる面白パズル。はまる事うけあいです!)
3)英単語の日本語ダジャレ集(ぴったりの語呂合わせができたとき、従いまして極稀に掲載します。詳しくは姉妹ブログ『難解英単語ダジャレ集』
を検索されたし。)

上記三項目の内いずれかを各月一日に投稿します。どうぞお知り合いへの当ブログの宣伝紹介の程よろしくお願い申し上げます。尚、各ページの左下の★nice!にクリック、または「コメントを書く」欄に自由にコメントし「投稿する」をクリックしてください。(メアドの記入はご自由です。)

9月号---ニタゴラスの定理


問いの答は、図3で分かってしまうはずですが、一応次号で解説します。


8月号の解答もどきもの
問1   1,1,9,9---(1+1÷9)×9   9,9,9,9---(9×9∔9)÷9
問2 (1+1÷9)×9 と同じ式の場合
     (1+a÷b)×b、で(a、b)が(2,8)(3,7)(4,6)(5,5)(6,4)(7,3)(8,2)(9,1)、即ち
      1,2,8,8や1,3,7,7、---1,9,1,1の8通り。a+bが10であればよい。
   (9×9∔9)÷9と同じ式の場合
     (a×9+a)÷aでaが1~8の数、即ち1,1,1,9や2,2,2,9---8,8,8,9。の
      8通り。同じ数が三つと9があればよい。
   このようにパターン化(公式化)できると一網打尽にみつけられる。例えば、
  (5になる組み合わせ)×(2になる組み合わせ)や、5n-5(n-2)になる
          二つの数---5×9-5×7 や5×8-5×6 などnが 9~3の計7種類がみつけ
          られるなどで、他にもいろいろなパターンがあるので、考えてみて下さい。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。