個人ブログ『gontanoe』

1)水彩画(本業---水彩画家)
2)算数パズル作成出題(受け売りも有り)
3)英単語の日本語ダジャレ集
上記三項目について、投稿させていただきますが、2018年以降は2)の算数パズルが主で、マニアチックなものでなく、普通の大人が何分か考えて気づくもの(小中学生の分野)で、これは面白いと感じてもらえ、お子さんお孫さんに出してみたくなるようなものです。珍問奇問の類いもあるかもしれませんが多胡輝氏の好んだようなトンチっぽいものは避けますので、どうぞお知り合いに当ブログの宣伝紹介の程よろしくお願い申し上げます。専門家の方は、素人の浅知恵として笑ってみて頂ければ幸いです。尚、英単語ダジャレのブログは「難解英単語ダジャレ集」を検索して下さい。これも超面白ブログです。尚、各ページの左下にある「コメントを書く」・「投稿する」をクリックして、感想、不満など何なりとコメントしてください。ブログは双方向のやり取りに醍醐味ありです!

9月号---ニタゴラスの定理


問いの答は、図3で分かってしまうはずですが、一応次号で解説します。


8月号の解答もどきもの
問1   1,1,9,9---(1+1÷9)×9   9,9,9,9---(9×9∔9)÷9
問2 (1+1÷9)×9 と同じ式の場合
     (1+a÷b)×b、で(a、b)が(2,8)(3,7)(4,6)(5,5)(6,4)(7,3)(8,2)(9,1)、即ち
      1,2,8,8や1,3,7,7、---1,9,1,1の8通り。a+bが10であればよい。
   (9×9∔9)÷9と同じ式の場合
     (a×9+a)÷aでaが1~8の数、即ち1,1,1,9や2,2,2,9---8,8,8,9。の
      8通り。同じ数が三つと9があればよい。
   このようにパターン化(公式化)できると一網打尽にみつけられる。例えば、
  (5になる組み合わせ)×(2になる組み合わせ)や、5n-5(n-2)になる
          二つの数---5×9-5×7 や5×8-5×6 などnが 9~3の計7種類がみつけ
          られるなどで、他にもいろいろなパターンがあるので、考えてみて下さい。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。