算数パズル『gontanoe』

1)算数パズル作成出題(素人が考え付いた、小学生でもわかる面白パズル。)
2)水彩画投稿(本業水彩画家、時たま絵を投稿。)

記事の味方

 ①記事を見る⇒gontanoeで開いた画面の見出し文「~月号---」の太文字をクリックすると全ページが見られます。
 ②アーカイブを見る⇒欄外下段のアーカイヴ欄の年号をクリック⇒出て来た見出し太文字をさらにクリック

ブログ記事は、主に上記1)の項目を毎月一日に更新。ただし、月中でも追記しますので時折訪問 してください。

姉妹ブログとして『難解英単語ダジャレ集』も投稿していますので、英語にご興味ある方は是非こちらも見てやってください。

11月号(ここをクリックすれば、全ページが見られます。)①10月号問題の再掲②10月号問題の解答③今月の問題

①前月の問題再掲
問題「①一年の初め(1/1)と終わり(12/31)は曜日が常に同じである。これは正しい  
    で すか。正しくないと思われる場合は正しい答えを示してください。
   ②13日の金曜日は一年の中で必ず1回だけある。これは正しいですか。正しくない  
    と思われる場合は正しい答えを示してください。
   ③年間を通してカレンダーが全く同じになる年は7年毎に巡ってくる。これは正し  
    いですか。正しくないと思われる場合は正しい答えを示してください。   」
10月号追記の中で追記しましたように、この問題文にはある条件が必要でした。閏年は、暦年がⒶ4の倍数、Ⓑ400以外の100の倍数で割り切れない数、という決まりなので、Ⓑを考慮に入れると答えはかなりややっこしくなります。そこで問題文には「ただし、暦年数がⒷを含まない期間(例えば1901~2099)での場合とします。」という条件が必要でした。その条件があるものとしての解答は下記になります。
下記前月の解答の①に関して。来年2020年のカレンダーはそろそろ手元に出回ってくる時期ですね。そこで1/1と12/31の曜日を見てください。1/1は水曜日で、12/31はというと、来年は閏年なのでまさに次の曜日の木曜日になっています。もちろん、今年の1/1、12/31は、どちらも火曜日で同じになってますね。本日私も2020年のカレンダーを見て答えの正しさを再確認出来てほっとしたので追記しました。(11/20記)
②前月の解答


いかがでしたでしょうか。多くの方は①問はわかるものの、②、③問は、大体の察しはつくが、そらで(頭の中だけで)すっきりと説明するのは結構面倒で、ちゃんとやれば分かるの段階でストップしてしまったのではないでしょうか。私自身、紙と鉛筆を使ってうんうん考えながら解にたどり着いた始末です。(自作問題は完全な解を出す前に出題してしまうことが多く、後であわてる羽目になりがちです。)ともあれ、一文の得にもならないことでも、すっきりわかると爽快そのものです。(西暦元年から、西暦1万年の間ならどうかと言われるとちょっと考えさせてとなりますね。---閏年の出現時は決まっているので、これこそちゃんとやればできなくもないといえそうですが。現実には、実生活で必要では全くないので考える人はいないでしょう。)
以上で前月の解答を終了します。


③今月の問題---いつも割り勘で払えた飲食代
ややっこしい問題が2回続きましたので、今回は比較的簡潔な問題です。
問「Aさんは1997年3月に大学を卒業後、仲良しグループで毎年10月に同窓会をやっています。同窓会の人数は初回から前回までずっと同じで、会場の飲食店も同じ店で、メニュー価格はすべて100円単位の外税です。
で、Aさんは、この同窓会では、どんなメニューでも量でも、飲食代は必ず割り勘(人数の均等割り)でぴったり払うことができると豪語していましたが、今回2019年の10月からはこうはいかないかと案じていたところ、今年の10月の同窓会からは、参加者が2倍ほどではないものの複数人増えたおかげで、今まで通りやはりうまいこと,いつも割り勘でぴったり払えることになったと安堵したそうです。さて、今回増えたのは何人でしたでしょうか。ただし、消費税の変遷は下記のとおりです。
1997年4月~2014年3月  5%
2014年4月~2019年9月  8%
2019年10月~       10%              
※「割り勘」には、①飲食代トータルを人数で均等割りして支払うこと、②各自が食べた分の飲食代をそれぞれが支払うこと、の二通りの意味があるようです。ここでは前者の意味として使っています。         おわり   」


以上で11月号の記事を終了します。追記があるかもしれませんのでその際はよろしく。
毎度のことですみませんが、拙ブログの宣伝・伝搬のほど、よろしくお願いいたします。
尚、ご感想・ご意見は右記まで。メアド:moriyoko54@gmail.com


追記:11月更新日(11/1、0:00~24:00)訪問者数  PC36人 スマホ1人 (11/2記)
追記(11/18):あー、それにしても上問の答えくらいの人数の仲良し仲間で90歳100歳まで仲良く暮らせたら、生きてきた甲斐もあろうというものですね。(「TV東京」で、ある老人たちの幸せな暮らしぶりのドキュメントを見ての感慨)









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。